不動産の名義書換え(相続 売買 贈与 他)

不動産登記制度は、皆様の大切な財産である不動産の物理的な状況及び権利関係を登記簿をもって正確に公示し、取引の安全を図ることを目的としています。この登記簿に必要事項を掲載することを登記といい、登記簿を備え登記事務を行う役所のことを法務局と言います。
登記をすることによって、所有権や抵当権などの自分の権利を他人に対して主張できるようになります。建物を新築した時や住宅ローンを返済した時などはお早目の登記をお勧めします。
当事務所では、お客様の状況に合わせて迅速かつ確実に手続きをさせていただきます。

  • 売買・相続に伴う所有権移転に関する登記
  • 贈与(親子間、配偶者間等)に伴う所有権移転に関する登記
  • 財産分与に伴う所有権移転に関する登記
  • 引っ越しによる住所変更に関する登記
  • 婚姻・離婚に伴う氏名変更に関する登記
  • 住宅ローンのお借換えに関する登記
  • 住宅ローン返済に伴う抵当権抹消に関する登記
  • 新築建物(居宅、収益ビル)の所有権保存に関する登記

 
個人のお客様メニューへ戻る